トライチェイサー制作日記

 ここでは、健一郎のトライチェイサー制作日記をじわじわと紹介していこうと思っています。このHPのメインコンテンツですが、更新は滞りがちになるかも。すべては、健一郎のヒマな時間と財布の中身が握っている・・・

 んで、ページを分けました。

準備編

風雲立志編(その1)、ウイング部造形、(その2)下部パーツ削りっぱなし(その3)

もう図面なんか見ている場合じゃねぇ編

試しにつけてみました編(01/10/28)

衝撃の誤算!編(01/12/01) 

こいつもそろそろ始めよう編(01/12/01)

なんとか修正終了編(01/12/16)

最近更新していないので、ちょっとした近況報告編(02/02/11)New!

 
参考資料
小学館 仮面ライダークウガ コレクションボックス」

 通販でこれを購入したのですが、現品が届いたとき注文したことすら忘れてました。

 

DVD 仮面ライダークウガ」 1〜12巻

 何と言っても、一番の参考資料です。パソコンでしか見ることが出来ないので、画像が少々荒い上に、たまに音が飛んだりするのですが、静止画面であらゆる角度からトライチェイサーの姿を確認することが出来て、おまけにプリントアウトまで出来ちゃうので非常に便利です。

 ちょうど、TRCSとBTCSの交代劇を収録している8巻は、感涙モノ。5話入ってるので、なんだか得した気分にもなれます。

テレビくんデラックス「愛 仮面ライダークウガ 超全集」 上・中・下巻

 DVDが手に入るまでの、一番の参考資料でした。三面写真が載っている手元の資料は、これだけでした。TRCSのみならず、クウガという番組を知る上では無くてはならない本でしょう。

ケイブンシャの大百科647仮面ライダークウガ大百科」

 ご存じ、「子供のための大百科シリーズ」を発行し続けるケイブンシャの百科本です。たまたま本屋で立ち読みしたときに(ちゅーか、この本を立ち読みする私がステキ)、トライチェイサーのデザイン画三面図が載っていたので、速攻購入しました。現在手元にある設計図面はこれを参考に描いたものです。

 ですが、実際に造られたプロットとは微妙に形状が異なっていることが判明したので、DVDの静止画像と合わせながら形状の調整をしているところです。

バンダイ「DXトライゴウラム 限定版ブラックヘッド」

 限定版という名につられて、この健一郎ともあろう者が、原価で購入してしまったトライチェイサーの玩具です。同スケールのゴウラムと合体させて、トライゴウラム形態まで再現できる優れモノです。ですが、「装着変身 仮面ライダークウガ」シリーズがなければ、バイクだけしかないという、やや中途半端なアイテムです。無可動のフィギュアでも良かったので付属して欲しかったです。

 肝心のTRCSは、変形機構を持たせてあるせいかヘッドパーツの形状が微妙に違います。ですが、ものを立体的にとらえることが出来ると言う点では、なかなか良い資料です。現在は「DXビートゴウラム」に付属していた「五代雄介フィギュア」を乗っけています。

プライズ「トライチェイサー ゴールドヘッド」

 ダイエーホークス優勝に燃える夜、福岡のゲームセンターで取ったプライズです。プライズの癖に、良くできた一品です。同スケールのクウガが付属していて、ディスプレイとしては最高です。

 ちなみにこれと同時に、旧サイクロン号も一緒にゲットしました。両者を比べると、TRCSの方が少々スケールが大きいようです。